ホーム  >  SEA TO SUMMITとは?

SEA TO SUMMITとは?

海で発生した水蒸気が、雨や雪となって山に降り、川となって森や里を潤し、再び海へと還ってゆく…。
「SEA TO SUMMIT(シー トゥー サミット)」は、人力のみで海(カヤック)から里(自転車)、そして山頂(登山)へと進む中で、自然の循環に思いを巡らせ、かけがえのない自然について考えようという環境スポーツイベントです。


2009年、鳥取県の皆生・大山で初めて開催した環境スポーツイベント「SEA TO SUMMIT」。
各地域の自然や文化などの魅力を“まるごと”感じることのできる本イベントは、その後、全国各地に広がり、これまでに全国8カ所28大会を開催してきました。
そして、8年目となる2016年は、9カ所で開催します。

単にアウトドアスポーツを楽しむだけではなく、自分たちを取り巻く自然環境を再認識し、各地域固有の自然の魅力を知りうる機会を提供する、とっておきのイベントです。




○過去の大会について
2015年開催「SEA TO SUMMIT 2015」
2014年開催「SEA TO SUMMIT 2014」
2013年開催「SEA TO SUMMIT 2013」
2012年開催「SEA TO SUMMIT 2012」
2011年開催「SEA TO SUMMIT 2011」
2010年開催「SEA TO SUMMIT 2010」
2009年開催「SEA TO SUMMIT 2009」


このページのトップへ