ホーム  >  大会情報&エントリー  >  由良川・大江山 SEA TO SUMMIT 2018

大会情報&エントリー

由良川・大江山 SEA TO SUMMIT 2018

由良川・大江山 SEA TO SUMMIT 2018

いざ、鬼伝説の大江山連峰へ! ただいまエントリー受付中。
白砂青松の神崎海水浴場から、清流・由良川沿いを進み、なだらかな起伏の大江山連峰へ。 高速道路でぐっと身近になったもう一つの京都、「海・森の京都」が満喫でき、ファミリー参加でも楽しめるコースです。

 




 

イベント情報

開催日時:2018年9月29日(土)30日(日)[雨天決行]
開催エリア:京都府中丹地域モンベルフレンドエリア 由良川・大江山

環境シンポジウム(1日目):あやべグンゼスクエア
多彩なゲストをお招きして、人と社会と自然との共生をテーマに、アウトドア・アクティビティや自然環境保護について考えます。(環境シンポジウムはどなたでも無料でご参加いただけます)

定員(アクティビティ参加):300名限定

 

タイムスケジュール:

 

9/29(土)

カヤック・自転車搬入

10:00~11:00

神埼海水浴場
Googleマップへ>>

大会受付

11:00~13:00

あやべグンゼスクエア
Googleマップへ>>

~環境シンポジウム~ (参加無料:どなたでもご参加いただけます。) 開会式

13:00~13:30

講演:
森・川・海、そして僕たちの未来
伊勢 武史/京都大学 フィールド科学教育研究センター准教授・芦生研究林長

13:30~14:20

活動紹介:
まいづる環境市民会議とCOOLCHOICE(クールチョイス) ~ 地域活動に於ける日常的冒険 ~
森脇 浩 /まいづる環境市民会議 理事、京都府地球温暖化防止活動推進員

14:25~14:40

大会説明

14:45~15:00

カヤック・自転車搬入

16:00~17:30

神埼海水浴場
Googleマップへ>>

9/30(日)

カヤック・自転車搬入

6:00~6:30

神埼海水浴場
Googleマップへ>>

スタート式

6:45~7:00

大会スタート

7:00~

閉会式・抽選会・参加者集合写真撮影

15:00~

酒呑童子の里(日本の鬼の交流博物館)
Googleマップへ>>

※天候およびコースの状況により変更になる場合があります。

◎環境シンポジウム 内容 (参加無料:どなたでもご参加いただけます。)

○講演:「森・川・海、そして僕たちの未来」

伊勢 武史 /京都大学 フィールド科学教育研究センター准教授・芦生研究林長

伊勢 武史 京都大学 フィールド科学教育研究センター准教授・芦生研究林長

ハーバード大学大学院 進化・個体生物学部修了(Ph.D.)。著書に『学んでみると生態学はおもしろい』『地球システムを科学する』『生物進化とはなにか?進化が生んだイビツな僕ら』などがある。専門は森林生態学とコンピュータシミュレーション。地球温暖化から人類の進化まで、人と自然のかかわりを考えることがライフワーク。家元池坊・スターバックス・京都市との協力で生まれたプロジェクト「外来種いけばな」は、朝日新聞「天声人語」で取り上げられるなど注目を集めている。

 

活動紹介:「まいづる環境市民会議とCOOLCHOICE(クールチョイス) ~ 地域活動に於ける日常的冒険 ~」

森脇 浩/まいづる環境市民会議 理事、京都府地球温暖化防止活動推進員

森脇 浩まいづる環境市民会議 理事、京都府地球温暖化防止活動推進員

1957年生まれ。海上自衛隊P-3C型哨戒機操縦士、日本エアシステム/日本航空MD90型機副操縦士を経験し、2010年舞鶴市に帰郷、身近な自然の価値を学ぼうと「舞鶴市ネイチャーガイド」になった事を契機に「まいづる環境市民会議」に参加。大量の航空燃料(化石燃料)を消費してきた経験から、「地球温暖化防止コミュニケーター」、「うちエコ診断士」などの資格を取得し、同市民会議の「地球温暖化防止プロジェクトチーム」でチームリーダーとして活動中。過疎地域の古民家自宅で薪ストーブと薪ボイラーを取り入れた生活をしつつ、地球温暖化防止啓発活動に加え再生エネルギーと地域社会の関係を模索中。

 
 

由良川 大江山 SEA TO SUMMIT実行委員会公式Facebookページ
「由良川・大江山大会」に関する情報など随時掲載しております。ぜひチェックしてみてください!
 >>https://www.facebook.com/yuragawaoeyama/


併催イベント:

由良川マルシェ


大会コース

由良川 大江山大会のコースマップ

スタート地点:神崎海水浴場【標高0m】
フィニッシュ地点:
大江山(千丈ヶ嶽)【標高832m】
※地図をクリックするとGoogleマップでご覧いただけます。
由良川・大江山大会レベル表

 

湖のステージ
神崎海水浴場→神崎海水浴場

里のステージ
神崎海水浴場→酒呑童子の里

山のステージ
酒呑童子の里→大江山(千丈ヶ嶽)






由良川・大江山大会コース

※クリックすると高低図が拡大できます。

 

時間制限: 参加者の安全確保のため、大会では数カ所のポイントで制限時間を設けています。

カヤックスタートより、
●11:00までにハイクスタート【酒呑童子の里:約41km地点】
●14:00までに大江山頂上(フィニッシュ)

★登山アプリ「YAMAP」で由良川・大江山大会コースマップが見れます! 

株式会社ヤマップ

コースや主要ポイントを網羅した大会専用地図が、登山アプリ「YAMAP」にて無料でご利用いただけます。
※事前にYAMAPアプリをダウンロードし、会員登録のうえ、ご利用ください。

●由良川・大江山大会コースマップはこちら>>

 

 

参加資格・部門・参加費

参加資格:
●参加者自身のパドル装備、自転車装備など大会に必要な個人装備やサポートを用意できる方
●大会事務局より大会参加承認を受けた方
●1日目・2日目 両日参加できる方
※病弱、心臓に障がいのある方はご参加いただけません。
※高校生以下の方のご参加には保護者の同意が必要です。


 

シングル(男子・女子)の部門:
●部門参加資格 高校生以上の方
●部門参加形式 スタート地点からフィニッシュ地点まで1名でご参加
○参加費 税抜料金 10,500円(税込 11,340円)


チームの部門:
●部門参加資格 中学生以上の方 ※小学生以下のお子様のご参加についてはお問い合わせください。
●部門参加形式 スタート地点からフィニッシュ地点まで2名以上5名以下のチームでご参加(チーム内で参加種目を分けても、各自が全種目ご参加することも可能です)
○参加費 税抜料金 10,500円(税込 11,340円)×人数


学生割引(大学生まで):
○参加費 税抜料金 5,500円(税込 5,940円)×人数

※一旦支払われた参加費はご返金できませんのでご了承ください。

※参加費には環境保全協力金¥500を含みます。


表彰:
部門、タイムに関わらず、完走者の中から各種特別賞あり ※順位表彰はおこないません。

 

エントリー

下のエントリーボタンより必要事項をご入力ください。

エントリーはこちらから »

※モンベルの公式ウェブサイトに遷移します。

Entry in English »

先着300名限定(募集組数に達し次第、受付を終了します)。ご参加までの流れは、こちらをご覧ください。

 

交通アクセス

神崎海水浴場(スタート地点)まで(2018年7月時点)

●お車でお越しの方
・舞鶴若狭自動車道・舞鶴西ICから約30分 / 京都縦貫自動車道(綾部宮津道路)・舞鶴大江ICから約30分
●電車でお越しの方
・JR京都駅→JR山陰本線・舞鶴線を経由し西舞鶴駅→京都丹後鉄道・丹後神崎駅下車、徒歩5分

▼あやべグンゼスクエア周辺(環境シンポジウム会場)まで(2018年7月時点)

●お車でお越しの方
・舞鶴若狭自動車道・綾部ICから約15分 / スタート地点から 国道27号経由、約50分(約35Km)
●電車でお越しの方
・JR京都駅→JR山陰本線・舞鶴線・綾部駅下車、徒歩10分 / スタート地点から 京都丹後鉄道・丹後神崎駅→西舞鶴駅→JR綾部駅下車、徒歩10分

カヤック・自転車の搬入場所等については、別途参加者へご連絡いたします。
 



レンタルについて

 

◎カヤックレンタル

カヤック(パドル、ライフジャケット、フラッグ含む)の有料レンタルを行います。ホイッスルは各自ご用意ください。数に限りがありますので、カヤックをお持ちでない方を優先させていただきます。ご了承ください。詳細は下記実行委員会までお問い合わせください。

カヤックレンタル(有料)お問い合わせ:由良川 大江山SEA TO SUMMIT実行委員会 ( 京都府中丹広域振興局 ) TEL: 0773-62-2506



各種お問い合わせ

現地・宿泊に関するお問い合わせ:
【福知山市内の情報】 福知山観光協会(海の京都DMO) TEL:0773-22-2228


【舞鶴市内の情報】 舞鶴観光協会(海の京都DMO)  TEL:0773-75-8600


【綾部市内の情報】 綾部市観光協会(海の京都DMO) TEL:0773-42-9550


モンベルクラブ会員の方には、フレンドショップでの優待サービスがあります。詳しくは上記へお問い合わせいただくか、フレンドエリア 由良川・大江山の詳細ページ(モンベルサイト)をご覧ください。

大会に関するお問い合わせ:由良川 大江山SEA TO SUMMIT実行委員会(京都府中丹広域振興局) TEL:0773-62-2506
 

 

参加上のご注意

全ステージ共通事項:

●参加者は予め自分の健康状態を確認してご参加ください。
●大会中の事故・疾病についての応急処置は主催者側で行いますが、その他は一切責任を負いません。
●1日目の環境シンポジウムには必ずご参加ください。2日目のみの参加は不可です。
●警備員・大会係員の指示に従ってください。交通事故などが起きた場合、直ちに警察に連絡し、指示に従ってください。
●動力補助機能を備えたもの(カイトカヤック、電動アシスト自転車等)は利用できません。
●水分補給のため各自ハイドレーション・システム(給水用の装備)を携行してください。その他、本人が必要とする装備品は制限いたしません。
●必要な装備は各自ご用意の上、大会開始までに決められた場所に置いてください。
●参加者・応援者の移動に伴う車両手配・送迎は主催者では行っていません。各自でご用意ください。
●国立公園特別保護地区となっている大会開催地、ステージによってはペットの持ち込みは控えてください。
●参加承認が得られなかった場合に被る被害(物品購入・予約手配等)につきましては、主催者は一切責任を負いません。


【カヤック】〜海のステージに関して〜

●カヌー、カヤック、SUP(スタンドアップパドルボード)、ダッキー、ラフトボート等のパドルスポーツでの参加が可能です。
●参加者はセルフレスキューができることが参加条件となります。
●ライフジャケットの着用とホイッスルの携行、カヤックにはフラッグの装着(湖・川は除く)、SUPにはリーシュコードの装着が必須です。
●参加できる艇種は、浮力体を備えた艇、もしくは艇自体が浮力を持つ艇(インフレータブル等)に限ります。


【バイク】〜里のステージに関して〜

●自転車ではヘルメットの着用義務があります。
●大会にふさわしい仕様かつ、機能が備わっている自転車を利用し道路交通法に従って走行をしてください。
・小径車(変速付きを除く)、リカンベント、ママチャリの使用は不可
・前後のブレーキが完備されていること
・DHバーの装着は禁止
・ライト(前照灯)、後方反射板(テープ)の装着、トンネル内では必ずライトを点灯すること
●交通規則を遵守するほか、コース走行時は、警備員・大会係員の指示に従ってください。(指示に従わず、警告を受けても改善されない場合は、失格とします。)
・一時停止場所/赤信号での確実な停止、並進走行の禁止(一列で走行すること)
・左側通行、二段階右折の遵守
・原則、先導者、伴走者の追い越し禁止
・その他、交通事故を誘発するような危険な走行の禁止、また、車両による伴走は禁止します。


【ハイク】〜山のステージに関して〜

●雨具等の必要装備(ヘッドランプ、熊よけ鈴等含む)を各自でご用意ください。
●自然採集(動物・植物・土・石)を行ったり、登山道の脇を歩行することは禁止します。


イベント開催にあたり:

●本イベントは環境について考えるイベントのため、環境シンポジウムには必ずご参加いただくようお願いいたします。
●ゴミの放棄や自然保護に違反するような行為には十分ご注意ください。自転車は舗装路から、登山は登山道からはみ出さないようご注意願います。また、地元の方々が普段から保全に努められている自然環境に配慮し、大会中に騒音を出したり、地域住民の方の迷惑になるような行動は慎んでいただきますようお願いいたします。



主管・協賛など

主催:由良川 大江山SEA TO SUMMIT®実行委員会(事務局:京都府中丹広域振興局) [構成団体]福知山観光協会(海の京都DMO)、舞鶴観光協会(海の京都DMO)、綾部市観光協会(海の京都DMO)、舞鶴商工会議所、福知山商工会議所、綾部商工会議所、福知山市商工会、京都府カヌー協会、京都府自転車競技連盟、京都府山岳連盟、福知山市、舞鶴市、綾部市、株式会社モンベル、京都府中丹広域振興局
後援:観光庁、スポーツ庁、環境省近畿地方環境事務所、京都府観光連盟、海の京都DMO、森の京都DMO、大江山観光開発協議会、ジャパンエコトラック推進協議会
協力:グンゼ株式会社、大江観光株式会社

特別協賛:
モンベルSUBARU

協力:
グンゼ株式会社大江観光株式会社

協賛:
ウェザーニュース教えて!「かくれ脱水」委員会日本ゴア株式会社大山ハムNITE IZEJAPAN AIRLINESビクセンプロトレックむそう商事メダリスト株式会社ヤマップアドベンチャーテクノロジーバイオライトGERBERGRAYLヘリノックスヒューマンギアジェットボイルクピルカラフウェアsuntrangonittolpguskyotokotsujakyotoyamashiroya

 


このページのトップへ