ホーム  >  大会情報&エントリー  >  びわ湖 東近江 SEA TO SUMMIT 2022

大会情報&エントリー

びわ湖 東近江 SEA TO SUMMIT 2022

びわ湖 東近江 SEA TO SUMMIT 2022

びわ湖から鈴鹿山脈まで東近江を遊びつくす エントリーの受付は、7/25(月)10時から。

琵琶湖国定公園と鈴鹿国定公園を結ぶロングコースが特徴。今年のフィニッシュは鈴鹿10座の一つ竜ヶ岳。

笹原が広がる緑の美しい尾根からは、鈴鹿山脈を望む雄大な景色が広がります。

 




 

イベント情報

開催日時:2022年9月23日(金祝)24日(土)[雨天決行]
開催エリア:滋賀県東近江市モンベルフレンドタウン 東近江市

環境シンポジウム(1日目):能登川コミュニティセンター
多彩なゲストをお招きして、人と社会と自然との共生をテーマに、アウトドア・アクティビティや自然環境保護について考えます。

定員(アクティビティ参加):300名限定

 

大会コース

びわ湖 東近江大会のコースマップ

スタート地点:能登川水車とカヌーランド【標高85m】
フィニッシュ地点:竜ヶ岳頂上【標高1099m】

びわ湖 東近江大会レベル表

 

湖のステージ
能登川水車とカヌーランド→能登川水車とカヌーランド

里のステージ
能登川水車とカヌーランド→中継地点(妹南交差点)→石榑峠

山のステージ
石榑峠→竜ヶ岳頂上






びわ湖 東近江大会コース

※クリックすると高低図が拡大できます。

 

 

 

 

参加資格・部門・参加費

参加資格:
●参加者自身のパドル装備、自転車装備、伴走者など大会に必要な個人装備やサポートを用意できる方
●大会事務局より大会参加承認を受けた方
●1日目・2日目 両日参加できる方
※病弱、心臓に障がいのある方はご参加いただけません。
※18歳未満の方のご参加には保護者の同意が必要です

シングルの部:
●部門参加資格 高校生以上の方
●部門参加形式 スタート地点からフィニッシュ地点まで1名でご参加(カヤックを2人で漕ぐ場合はチーム参加となります)
○参加費 料金 13,200円(税込)

 

チームの部:
●部門参加資格 中学生以上の方 ※小学生以下のお子様のご参加についてはお問い合わせください。
部門参加形式 スタート地点からフィニッシュ地点まで2名以上5名以下のチームでご参加(チーム内で参加種目を分けても、各自が全種目ご参加することも可能です)
○参加費 料金 13,200円(税込)×人数


学生割引(大学生まで):
○参加費 料金 6,600円(税込)×人数


パラチャレンジの部:
●部門参加資格 障がいがある方や、体力に自信のない高齢者の方も、自身の能力に応じて、希望のステージのみでの参加が可能です。健常者や伴走者とのチーム参加で全ステージ完走を目指すこともできます。 参加資格はシングルの部、チームの部に準じます。
○参加費 料金 13,200円(税込)×人数(健常者や伴走者を含めた総人数)

※お支払い済みの参加費は原則として払い戻しいたしません。ただし、新型コロナウイルス感染症の影響で大会中止になった場合や外出自粛要請を理由とするキャンセルの場合は、全額払い戻しいたします。

※参加費には環境保全協力金500円を含みます。

※パラチャレンジの部に関しては、健常者や伴走者を含めた総人数になります。

 

表彰:
●特別賞:ゴール後、下山者から道の駅奥永源寺渓流の里で抽選を行い解散。
●完走賞:制限時刻内に完走した参加者に完走証明書を贈呈。

 

 

エントリー

下のエントリーボタンより必要事項をご入力ください。

 

エントリーはこちらから »

※モンベルの公式ウェブサイトに遷移します。

 

 

エントリーの受付は、8/25(木)まで先着300名限定(募集組数に達し次第、受付を終了します)。ご参加までの流れは、こちらをご覧ください。

 

 

交通アクセス

▼東近江市立能登川コミュニティセンター(環境シンポジウム会場)まで(2022年7月時点)

●お車でお越しの方
・名神高速道路・八日市ICより約25分
●電車でお越しの方
・JR能登川駅より徒歩約10分

▼能登川水車とカヌーランド(スタート地点)まで(2022年7月時点)

●お車でお越しの方
・名神高速道路・八日市ICより約30分
●電車でお越しの方
・JR能登川駅よりタクシーで約10分

カヤック・自転車の搬入場所等については、別途参加者へご連絡いたします。
 



各種お問い合わせ

現地・宿泊に関するお問い合わせ: 東近江市観光協会 TEL:0748-29-3920 

モンベルクラブ会員の方には、フレンドショップでの優待サービスがあります。詳しくは上記へお問い合わせいただくか、フレンドタウン 東近江市の詳細ページ(モンベルサイト)をご覧ください。
 

カヤック・SUPレンタル(有料)お問い合わせ:BIWAKO ECO SPORTS PukaPuka TEL: 090-5655-8892

数に限りがございます。レンタルを希望される方は、大会エントリー前にお申し込みをお願いします。


その他のお問い合わせ:びわ湖 東近江SEA TO SUMMIT 実行委員会(東近江市企画部森と水政策課内) TEL:0748-24-5524
 

 

参加上のご注意 

全ステージ共通事項:

●参加者は予め自分の健康状態を確認してご参加ください。
●大会中の事故・疾病についての応急処置は主催者側で行いますが、その他は一切責任を負いません。
●1日目の環境シンポジウムには必ずご参加ください。2日目のみの参加は不可です。
●警備員・大会係員の指示に従ってください。交通事故などが起きた場合、直ちに警察に連絡し、指示に従ってください。
●水分補給のため、各自給水用の装備を携行してください。その他、本人が必要とする装備品は制限いたしません。
●必要な装備は各自ご用意の上、大会開始までに決められた場所に置いてください。
●国立公園特別保護地区となっている大会開催地、ステージではペットの同伴は控えてください。
●参加承認が得られなかった場合に被る被害(物品購入・予約手配等)につきましては、主催者は一切責任を負いません。
●コースや会場等は、予告なく変更になる可能性があります。
●ゴミの放棄や自然保護に違反するような行為には十分ご注意ください。
●大会中に騒音を出したり、地域住民の方の迷惑になるような行動は慎んでください。
●シャトルバス乗り場(自転車預かり配送)から道の駅奥永源寺渓流の里を経由し、能登 川水車とカヌーランドまでシャトルバスを運行予定です(参加者のみ)。

  

【パドルスポーツ】~海のステージに関して~

●カヌー、カヤック、SUP(スタンドアップパドルボード)、ダッキー、ラフトボート等のパドルスポーツでの参加が可能です。
●セルフレスキューができることが参加条件となります。
●ライフジャケットの着用とホイッスルの携行、カヤックにはフラッグの装着、SUPにはリーシュコードの装着が必須です。
●参加できる艇種は、浮力体を備えた艇、もしくは艇自体が浮力を持つ艇(インフレータブル等)に限ります。

 

【バイク】〜里のステージに関して〜

●自転車ではヘルメットの着用義務があります。
●大会にふさわしい仕様かつ、機能が備わっている自転車を利用し道路交通法に従って走行をしてください。
●E-BIKEでの参加も可能です。

 

【ハイク】~山のステージに関して~

●雨具等の必要装備(ヘッドランプ、熊よけ鈴等含む)を各自でご用意ください。
●自然採集(動物・植物・土・石)を行ったり、登山道の脇を歩行することは禁止します。


新型コロナウイルス感染防止対策

●新型コロナウイルスの感染、もしくは疑いのある場合は、参加をお断りさせて頂きます。
●緊急事態宣言が発令されている都道府県地域からの出場はお断りさせていただきます。
●大会中は、三密の回避、消毒液の設置、マスク着用の徹底など、感染防止対策を行った上で開催予定ですが、参加者及び大会関係者の安全面を考慮し、大会内容を変更、または中止する可能性がございます。
●大会の約2週間前に健康チェックシートを郵送します。事前に記入いただき、受付で提出してください。
●大会終了後2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合は、主催者に対して速やかに報告してください。
●感染防止のために主催者が決めた措置や指示に従えない場合は参加を認めない場合がございます。
※詳細は大会HPまたは大会前にお送りする書類にて掲載予定です。


イベント開催にあたり:

●本イベントは環境について考えるイベントのため、環境シンポジウムには必ずご参加いただくようお願いいたします。
●ゴミの放棄や自然保護に違反するような行為には十分ご注意ください。自転車は舗装路から、登山は登山道からはみ出さないようご注意願います。また、地元の方々が普段から保全に努められている自然環境に配慮し、大会中に騒音を出したり、地域住民の方の迷惑になるような行動は慎んでいただきますようお願いいたします。




主管・協賛など

主催:びわ湖 東近江 SEA TO SUMMIT実行委員会
共催:東近江市
大会長:小椋正清(東近江市長)
実行委員長:喜多良道
後援:近畿地方環境事務所、観光庁、スポーツ庁、滋賀県、八日市商工会議所、東近江市商工会、一般社団法人 東近江市観光協会、東近江スマイルネット、ジャパンエコトラック推進協議会




特別協賛:
モンベルAIG損害保険株式会社

協賛:
日本ゴア株式会社JAPAN AIRLINESかくれ脱水委員会 NITE IZE ビクセン プロトレック メダリスト アゾロ Fozzils ギアエイド GRAYL ヘリノックス ヒューマンギア ジェットボイル クピルカ ラフウェア トランゴ

 


このページのトップへ